シャック@SEVENのB級ブログ

BBH中心たまにホスラやその他のB級プレイヤーのブログデス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. category: スポンサー広告

  2. --/--/--

第四弾ロード始動からの軌跡

どうもデス!
今日も少しだけ行ってきました!


今日はメイン2の始動馬ロードオブアシノのここまでの結果デス。


…っとその前に何故こんなにこの馬のネタを出すのを渋ったか言い訳でも…


簡潔に言うといつもネタ入れに使っていた携帯を紛失したからと言うむっちゃ情けない、かつしょうもない理由デス。


…さて言い訳も住んだしここからは日にち別にお伝えします。




5/28




母は第3回始動馬クリムゾンハート


父は三大始祖が一頭ゴドルフィンバルブ


頭突き





柵越え


…意外とまともやないかぃ!!


条件戦は勿論全勝!


しかしコメントはサラコメでした!


…使うつもりは毛頭無かったんやけど一応様子見る方向でいきます!


という訳で初戦は勿論G1始動!


牡馬なので皐月賞からのデビューデス!


コレで手応えあったらどうしよう??


皐月賞…3.4倍


…やっぱりこんなもんか!
まぁ逆の考え方をすれば程よく使った怪物上にゴドルでスライドやからいい方かな?



注目の発走は…パラる♪♪



うーん、いいよ!



後方4番手からレースを進めるロード。
しかし前には1人気アグネスタキオンと河内洋の姿が…



やはり如何に怪物でも初戦ではこの馬とディープインパクトにはオッズ勝てませんネ(苦笑)



しかしオッズでは負けてもレースでは負けれません!



1000m通過は58.7と3歳戦の割にはハイペースに。



小回りの中山の第3コーナーから徐々に仕掛けていき残り400mで一気に伸びる!!



しかし前ではやはりタキオンが脚を伸ばす。



直線に向いてタキオンと馬体を合わせ叩き合い



しかし徐々に馬体が離される…!



完全に後続はちぎっている!



最後はもう一度盛り返したが、しかし前を行くタキオンにアタマ差だけ届かず悔しい2着に敗れる。



しかしここでの2着はある意味イイ感じデス!



次走勝ってくれれば問題なし!


しかし次にも強力なライバルの姿が…


NHK…2.3倍


まぁこんなもんかな?


ここでコケるとちょっとしんどくなってくるなぁ~。


緊張の発走は…パラる♪


よし!今度こそ!


スタートして今度は後方2番手を追走するロード。


またも前には灰色の影。


本来このレースで一本被りになるクロフネが3番手と積極的な競馬を仕掛けている。


800m通過は45.8と普通のタイム



東京競馬場の緩やかなカーブでも沈黙を守るロード。



まだ前とはかなりの差がある。




果たして届くのか?




直線向いて後方3番手から一気に伸び始める。




その脚色は他馬を完全に圧倒している。
残り400m、前では予想通りクロフネが馬群を割って先頭に立ち、押し切りを図る!




その大外からロードが一気に襲いかかる!!




クロフネも必死の抵抗を見せるが残り200mで並ぶ間もなく交わし戦闘に立つロード!


後は独走劇で5馬身差の圧勝。


イイ感じデス!


なんか走る手応え抜群なんですが…


こうなっては上でも仕方ない!


一度WBC使ってみて上なければ漬ける事にします。


特にややこしいPはいてないと思ってると黄券隠し持ってたB級馬が1頭。


しかしその程度の馬にやられるなら所詮それまでの馬デス!


一応単勝レーザー(この厩舎まだノーマル会員なんで99枚しか無理ですが…)と馬単レーザーの用意だけはしてレースを迎える…。


WBCM…4.8倍


まぁこんなもんでしょうネ!


なんとか上には届いてそうデス。


他Pは先程の黄券24.6倍の連闘馬のみ


単勝レーザー99枚と馬単レーザー表裏5枚発射し準備は万端!


ここで着れれば本物…のハズ!


期待と緊張の中発走を迎える…。



ランプは…黄色


よし!まだまともな色!


スタートして予想外に最後方を追走


珍しく後ろの方から行くタイプの自在の様


僕は始動馬は殆どが自在デスが、ここまで後ろ寄りに付けるのは珍しいかも?


極東の急カーブにさしかかって見える看板はキレイな緑!


今日はスタホ電工は休業中の様デス(笑)


半マイル通過は46.2





レース前半を通過しダートコースから芝コースに切り替わる!





この辺りからロードが勢いよく上がって行く!





全馬の中でも最もイイ脚色で上がっていく!





しかし前を行くエルコンドルパサーとタイキシャトルも徐々に進出していく!





完全に前は二頭の一騎打ち状態!!





そこに残り300mで馬群を突き抜け突っ込んでいくロード!





徐々に、だが確実に差が縮まって行く。





しかしタイキシャトルに残りアタマ差まで詰めた所が無情にもゴール板…。





結局前を行くタイキシャトルにアタマ差、更に前を行くエルコンドルパサーには更にクビ差届かず僅差の3着に終わった。





しかしここで入着出きるのは大きい!


この馬マジで走るっぽいデス!


少し弱めデスがここまで手応えのある馬もそういないので使い切りの方向でいきます。


さしあたっては次走は菊花賞でもう一度権利取りにいきます。


さすがにまだ高額ではオッズ振り切りませんからネ!


しかしこの日は時間切れで帰宅





6/4





次にこの馬を動かしたのは前回から7日後の6/4


しかし菊花賞にて更なる試練が…


セントライト記念でいきなりデビューして来た3頭のSWBCコメ3歳牡馬!


しかもその3頭が揃って菊花賞に登録(泣)


しかし前々回のグランゾンと前回のクリムゾンで分かったのは…
「走る馬は勝てるオッズの時には余程の事がないとパクられない!パクられる馬はその程度の馬!」
という確かな事実デス。


そしてロードは僕の持ったこれまでの馬で一番走る手応えがある馬!


この手応えが本物なのかを試す意味も込めてここは強気にガチしてきます!



菊花賞…1.9倍



やっぱり多少は引っ張られますネ!


他Pは7.4倍と10.4倍
と12.8倍


この手応えが本物ならここでは最先着のハズ…。


嫌~な緊張感の中発走を迎える。




ランプは…4頭共赤(爆)


頼んます(願)


スタートして後方2番手に付けるロード。


他P馬は前方5番手、後方4番手、最後方とそれぞれの脚質にあった位置どり。


最初の1000m通過が1:00.2と少し早いペースでレースは進む。



二週目の京都の坂の登りから徐々にポジションを押し上げるロード




坂の下りで更にスピードを上げて伸び始め直線に向く頃には既に前方4番手まで位置を押し上げている。



他P馬の1頭がようやく後方から脚を伸ばし始める。




残りの2頭は完全に力尽き馬群に沈んで行く。




ロードはというと最後の直線400mで一気に上がり伏兵アグネスゴールドと叩き合う




完全に横並び叩き合うロードとアグネスゴールド!




残り200mで一旦はロードが前に出る。




しかし残り100mで再び横並びに!




残りの後続は完全に引き離し二頭の勝負に!




ほぼ横並びでゴール板を通過!!




…ハナ差だけ伏兵アグネスゴールドに先着を許し2着に敗れるロード。




皐月賞で不覚を取ったタキオンに続き今度はゴールドの方がロードの邪魔をする結果に。




しかし他PではなくCPUに負けたのは仕方がないので諦めも付きます!




こうしてロードのクラシックはアグネス二強に邪魔される形で終わりを告げる。
次はもう黄券も要らない状況になったので2着でも青券が貰える海外に舞台を移す事に!



しかしこの日は時間がなくこの1レースのみに…。





6/7






さて次にロードが動いたのは前回3日後の6/7


ロードの復帰戦に選ばれたのは芝中長距離の世界最強馬決定戦「凱旋門賞」


ここを勝ちどこかの世界戦から極東を目指すというのが僕の描いた青写真。


凱旋門…1.5倍


まぁコレは当然かな?


他Pは…21.9倍が1頭。


この程度の相手には負けれません!


発走は…パラる♪


この馬よくパラるなぁ~!


今回も後方2番手からレースを進めるロード。


1000m通過は…1:01.0と平均的なペース。


このペースなら特に有利不利は無さそうデス。




後方3番手から直線向いて一気に加速するロード!





前では人気薄の逃げ馬が粘り込みを図り脚を伸ばす。





しかしロードの脚色は逃げ残りなど許さない圧倒的な物!





結局前を行く13人気のCPU馬を残り100mできっちり捉え2馬身差を付け1着でゴール!



これでまずは予定通りWBCの権利をあっさりと奪取!



次走の世界戦はラリーの関係上WBCTに…。



このWBCT、連闘Pが群がるので早めに落としておかないと大変な目に合う事が多いレースの1つ。



しかしこの時は奇跡的にも他Pもおらず単騎での出走に。



WBCT…単騎3.9倍



うーん、やはり1戦無駄なレースがある分オッズが悪い!



ここは是非勝ちたい所!



期待の発走は…黄色!



まだまともな色!

今回はこの馬には珍しく後方から6番手の競馬。



次のSWBCにはモエタ氏の馬が出走予定なんでまず僕がイイ流れを作りたい所。


風車を先見すると………白


またもスタホ電工は休業中の様子。



1000m通過は…1:02.2と少し遅めのペース。



今回の前目の位置どりもコレを予測しての事かな?



極東が誇るブリーダーズブリッジの手前位から早くもジワジワと進出を開始するロード。




直線に向く辺りでは既に2番手にまで上がっている。




徐々に、しかし確実に逃げるカツラギエースとの差を詰めるロード。




前のカツラギエースもしぶとく粘る!




しかしジワジワと前との差を詰めるロード!




残り400mで前とは1馬身差




前はまだ粘る




残り300m




前とは残り3/4馬身差




残り200m




ここでロードの脚色が一瞬鈍る!




しかしカツラギエースも垂れる




残り150mで前を捕らえる!




カツラギエースも完全に抵抗する力を失い垂れていく。




最後は3/4馬身差を付け1着でゴール!!




よし!完全にイイ流れ!




この後モエタ氏もキッチリSWBCで勝利を収める!




今の所全て青写真通りに事が進んでいます。


普段ならこの後はお休みにして別の日にSWBCなのデスが、やたらとモエタ氏の座るサテライトの調子がいいので便乗して1クール後にSWBCに出さして頂く事に。


そして1クール後…モエタ氏に席を借りSWBCに挑戦!


勿論他Pはナシの単騎出走!


SWBC…5.3倍


やはり馬としてはB級デスな!


まぁ走ってくれれば上でも満足デス!


緊張の中レース発走の時を迎える。



まずトレインは無し!




そして発走は…パラる!?♪




このサテライト今一番乗ってるから期待出来るよ!


スタートして後方3番手追走するロード。


各馬それぞれ自分のポジションにてドラマの歯車を回す。



1000m通過は…56.9と少しハイペース




極東の長い直線に入る手前からロードが一気に上がって行く!




後ろの馬は特に動く気配が無い!




完全にロードが前を捉えるかの勝負!!






残り400mで馬群を抜け出し前を行くオルコックを追いかける。






しかしオルコックは既に下を向いて口を割っている!






残り300m…オルコックとは残り1馬身!






残り200m…前を行くオルコックを完全に交わしきる






後は独走態勢!!






その後は2着に5馬身の差を付ける完勝劇!!





ロードオブアシノ、SWBC初制覇!!




…手応えは本物でした!
完全に完勝デス!



しかしまだここからがスタート地点でもあります。



ここからどこまで乗せられるかは僕の腕次第デスから!




6/10




次に動いたのは更に3日後の6/10


ラリーの埋まっていないWBCSに。


少々他Pがいた所でややこしい新規Pでなければ全然ガチります!


WBCS…1.5倍


まぁ当然デス!


他Pは…
0.5権で11.9倍、黄券で16.6倍の2頭


発走は…パラる♪


…ホンマによくパラるネ!


スタートしてすぐに後方…ってか中段7番手追走。


600m通過は36.5と遅めのタイム。




残り500m辺りからジワジワと上がって行き残くロード。




残り400mから一気に脚を伸ばす。







残り200mで既に先頭に立つ。




その後も最後まできっちり脚を伸ばし4馬身差でゴール♪




完勝デス!


ホントこの手応えは本物デス。


この日はここまでデスが次は僕にとって初の同一馬2勝目がかかるSWBC。


キッチリ勝ってグランゾンに次ぐ2頭目の2万枚越えと成りたい所デス。

スポンサーサイト
  1. category: ロード

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/06/16

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) シャック@SEVENのB級ブログ all rights reserved.

click時計「sea」

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

バロメーター

ブログの更新率

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

管理者メニュー

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

登録ツールズ+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。