シャック@SEVENのB級ブログ

BBH中心たまにホスラやその他のB級プレイヤーのブログデス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. category: スポンサー広告

  2. --/--/--

ファルシオン世界の頂点へ

こんばんわm(_ _)m
今日はウチの稼ぎ頭、カキやん君にメダルをたかりに行きました。
そのついでに始動馬2頭も行きた…かったんデスが、ややこしい他Pが多すぎた為ジェネシックは温存。
サブカードのファルシオンは単騎ほぼ確定のSWBCか高額なんでサブカードメインで行きます。

とりあえず到着時のレース帯は函館スプリント。
元々WBCT狙いなのでここではやる事ナシ。
仕方なしに走らない馬を走らしつつその時を待つ。

秋から冬のG1ラッシュの中一番ややこしい新規Pが唯一のG1勝ち。
出てくるのかなぁと思ったら…やっぱり出てきました(苦笑)
しかも赤券の馬との2頭出しってオマケ付きデス(泣)
まぁファルシオンは今んとこ凱旋門以外は他Pに負けなし。
しかもWBCに関しては確実に入着してるんで全然構いませんが(笑)

WBCT…4.9倍
まぁこんなもんかな?
結構ヤバいとこまで来てますネ!
ちなみに他Pは11.9倍と17.7倍デシタ。
パクッといかれてもおかしくない嫌~なオッズなんでビビりまくりデス。

緊張の中レースはスタートする。
発走は…黄色
まぁ色付いてるだけ良かったかな?

他Pは11.9の方が緑、17.7の方が黄色
…まぁ極端な色じゃないから安心デス。
スタート後すぐに他P2頭と共に最後方に控えます。
前ではカブラヤオーがガンガン飛ばす展開に。
しかし意外にも1000m通過は1:01.4と平均ペース。
ブリーダーズブリッジを渡りきった辺りから徐々に上がっていくファルシオン。
ジワジワ上がりながら外に出す。
直線に向き大外から一気に上がって行く。
前に行った有力馬はみんな伸びが悪い。
しかし1頭だけしぶとく脚を伸ばす。
TTG3強の中常に伏兵扱いの晩成ステイヤーグリーングラスがその豊富なスタミナを用いロングスパートをかける。

大外を付いて差を縮めるファルシオン相手にしぶとく粘るグリーングラス。
完全に2頭のマッチレース
残り200mでファルシオンが半馬身差まで詰め寄るがやはり早めにスパートをかけた影響かそこで脚が尽きる。
グリーングラスは最後まで脚を伸ばしファルシオンに3/4馬身差をつけ1着。

壮絶な3着争いにはテンポイントが入り他Pの2頭はそれぞれ4着、6着に敗れた。

うーん…2着かぁ~。
悩む展開になりました。
強気に攻めるならSWBC、弱気に1万枚狙いなら高額G1なんですが…。
心底悩む展開になりました。
カキやん兄さんはここで高額G1に。
モエタの兄貴はここでSWBC出さへんかったらいつ出す?
…だそうデス。
また見事に割れてくれました。

しかし1クルー待っている間にとてつもなくいい波に。
…こうなりゃどうとでもなれ~的な感じでSWBCに黄券出走
しかし…またもや先程シバいた新規Pが赤券出走。
ホンマに毎度毎度ややこしいねぇ~。

SWBC…6.8倍
あらら~、マズいねぇ~。
まぁ黄券やしこんなもんかな(?_?)
ちなみに赤券他Pは27.8倍デス。
負けたら悔しいんで気晴らしに単勝99枚複勝99枚(サブカードなのでまだシルバーにすらなってない。)
馬単そのPから表裏10枚+始祖4頭には追加ベット。

さて…準備万端♪
僅かな期待の中レースはスタート。
発走は……なんとパラ!?
ウソやん!?
…まぁパラっても今日は飛びたおしてるし期待はしない方向で…。
ちなみに他Pは黄色。

電車は…いてるし!
コレまたイカれるんちゃうん?(この日はコイツにはボコボコにされました。)

スタート後すぐにバイアリー、他Pと共に最後方に陣取る。
しかし他Pは思っきりクビを上げて行きたがる。
そのまま直ぐに前へ進出を開始。
前ではオルコックが思いきり逃げハイペースは必須。
ここまでSWBC2戦共伸びるもスローペースの影響で前残りにやられているファルシオン。
毎回堅実に脚を使うので今回も期待したい。
…っとここで電車に注目。
トンネル抜けると…なんと電車いてるし!?
まさかまさか…イヤイヤ、期待するのはまだ早い。

今回は予想通り1000m通過が56.3と超ハイペース。

残り900m辺りから早くもバイアリーが進出を開始。
しかし残り700mで急にストップ。
逆にファルシオンは残り700m辺りで大外に出し一気に進出を開始。
バイアリーは全く伸びる気配がない。
最大のライバルゴドルもハイペースを2番手追走がたたって沈んで行く。
しかし最内を付いて伸びて来るのはもう一頭の始祖ダーレー。
しかし残り400mですでにダーレーとファルシオン以外は伸びていない。

内外別れて壮絶な叩き合い。

最後50mでアタマ差ダーレーを抑えこんで1着。

3着には超人気薄の追い込み馬ダラカニが入った。

なんと直線だけで全馬まとめて差しきるという離れ技を最高の舞台で見せてくれました。

これで13000枚越え。
海外走る手応えはありましたが…まさかここまでアッサリSWBCを勝てるとは!?
しかし勝てるならなんでもいいデス。
次走はWBCSかWBCTのどちらかデス。
次走も勝ってくれる事を祈ります。
スポンサーサイト
  1. category: ジェネシック&ファルシオン

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/05/14

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) シャック@SEVENのB級ブログ all rights reserved.

click時計「sea」

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

バロメーター

ブログの更新率

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

管理者メニュー

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

登録ツールズ+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。