シャック@SEVENのB級ブログ

BBH中心たまにホスラやその他のB級プレイヤーのブログデス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. category: スポンサー広告

  2. --/--/--

皐月賞~白き逃亡者再び~

今日は夜勤なんでスタホお休みデス。
今日は牡馬クラシック第一段「皐月賞」デス。
人気どころはオープン入りから中山2000mを3連勝し勢いに乗るマイネルチャールズ。
武豊が駆るブラックシェル。
ここまでのレースが強い内容だったショウナンアルバ。
などが人気どころデス。

僕の予想は…
◎マイネルチャールズ
〇キャプテントゥーレ
▲ショウナンアルバ
△スズジュピター
△レッツゴーキリシマ
☆タケミカズチ

こんな感じデス。
レース前からブラックシェルの入れ込みが激しい様に見えました。

大歓声の中レースは始まる。
スタートを切りまずダンツウィニングが大きく立ち遅れる。
前では押してキャプテントゥーレがハナを狙う。
レッゴーキリシマもくっ付いて行く。
スプリングS勝ち馬スマイルジャック、ラジオNIKKEI以降不振が続くサブジェクト、若葉S勝ち馬ノットアローンと先団を形成し1人気のチャールズはブラックシェルと併走する形で中段の内を追走。
レインボーペガサスは後方の外に待機。

向こう場面では完全にトゥーレの単騎逃げ。
特につつきに行く馬もいなくトゥーレのマイペースでレースは進む。

1000m通過は61.4と発表も小雨が降っていた事もあり稍重に近い状態だった事を考慮してもやはり遅いタイムに。

3コーナーにさしかかった辺りで中段の人気馬が一気にポジションを押し上げにかかる。
…と3コーナー中場で早くもキャプテントゥーレがスパートをかける。
レッゴーキリシマも追い始める。
チャールズは馬群を抜け出すのに手間取っている。
4コーナーから直線に向いてキャプテントゥーレが他馬を引き離して逃げる。
後方からは内を突いてタケミカヅチと外を突いてマイネルチャールズが追い込んでくる。
更に外からはレインボーペガサスも追い込む。
レッゴーキリシマも粘っている。
しかしキャプテントゥーレにはとても届かない。
最早残り1ハロンを残し完全に安全圏。
後ろでミカヅチとチャールズの2着争いの中悠々と逃げ切り。
真昼の三日月に照らされた白き逃亡者再びデス。
2着はタケミカヅチ
3着マイネルチャールズ

こんな決着になりました。

個人的な感想デスが1着のトゥーレは全てが上手くいった感が強いデス。
馬体重-18kgも細目感は大してなく究極の仕上げだったのかも。
ペースも遅くハナを譲らず自分からスパートする川田騎手の強気な騎乗も光りました。
98年の皐月賞を逃げ切ったセイウンスカイを彷彿とさせる逃げ切りでしたネ。

2着のタケミカヅチは内に控えてマイネルチャールズを完全マーク。
仕掛けのタイミングを一歩遅らす柴田善の好騎乗が物を良いチャールズにクビ差先着

3着のマイネルチャールズは好馬体が光った。
しかしスタートでのほんの少しの立ち遅れが響き得意のパターンに持ち込めなく、更に中段のゴチャゴチャした展開にモロに巻き込まれた感がありました。
このペースなら2~3番手から抜け出す弥生賞の騎乗がしたかったデスね!

しかしあの中からから3着まで上がってきたのはさすがデシタ。
その他の馬ではスローを後方から追い込んだレインボーペガサス。
あわやの見せ場を作ったレッツゴーキリシマ辺りが目立ちました。

次週は古馬中長距離の最高峰、天皇賞春
前年の覇者メイショウサムソン
去年の3歳王者アサクサキングス
クラシックを棒に振った大器アドマイヤジュピタ等が中心になると思われます。
果たして来週春の盾を手にするのはどの馬か?
スポンサーサイト
  1. category: 実競馬

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/20

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) シャック@SEVENのB級ブログ all rights reserved.

click時計「sea」

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

バロメーター

ブログの更新率

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

管理者メニュー

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

登録ツールズ+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。