シャック@SEVENのB級ブログ

BBH中心たまにホスラやその他のB級プレイヤーのブログデス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. category: スポンサー広告

  2. --/--/--

「他Pキラーカキヂ」

今日は暇つぶしにMJに行きました。
と、言うのも前日に先輩家で夜中ずっと「無双OROCHI」をプレイしてしかも寝たのが前日朝11時(夜勤明けの為)起きたのが夜22:30分なんで眠くもなんともない(笑)

アキやダイもいるらしいんで暇つぶしにスネスポに…
すると何故か入店後即で旦那に会う(笑)なにやらモエタ氏と今到着したばっかりらしい!

…しまった。俺も乗せてきて貰ったら良かった(爆)
そのままスタホスルーし(爆)…MJへ。
MJではアキとモエタ氏がいるも敢えて声掛けずアキの後ろに着席。

☆1回目…上がり0、振り込み0で18000点の3着。
☆2回目…東1局1本場にて親が3巡目に四暗子ツモ。
それにてその前親に振り込んだ奴が飛びで全局リーチかけてた私は…3着。
☆3回目…東3局でロンも左もロン。
私…親満、左…子ハネ。
食らった奴飛び。
そして…私と左は同点なのに私2着…あれはどうなるんだろう?
上がりのハン数が多いから相手の勝ちなのかな?
☆4回目…リーチ追っかけられ親ッパネ振り込み。
更に親の当たり牌完全に止めてたのに降りかと思っていた右の黙テン満貫に振り込み。
2400点…4着
☆5回目…ハネ満あがるも3人から親ッパネツモ、親倍満つも、親ッパネツモ、親満ツモかまされて4着(泣)

…競馬には「テン良し中良し終い良し」って言葉がありますが今日の僕はどう考えても「テン(配牌)悪し中(読み)悪し終い(ツモ)悪し」デシタ(泣)

イライラしながらスタホに行くと席が空いたので一応プレイ。
早速前回間違えて古馬発動したSWBCコメをG2へ…
マイラーズC(他P3頭)2番人気4.8倍

…アレ?これってひょっとして…怪物ない?

…後で確認とるとアキ同じ状況で怪物コメで4.8らしい。
あらら~予定外の怪物(笑)
コレは嬉しい!
もちろん…爆着(笑)
しかしここからが悪夢の始まり。
新潟大賞典にSWBC出走6.1倍
カキヂさんが8人気でシバく。
1人でJP

怪物っぽいのを京王杯へ…
4.1倍…なんとかあるかな?
しかしまたもやカキヂさんのサイド馬にハナ差屈する。
カキヂさんJP。

お次はSコメ東海。カキヂさん人気薄2着馬をサイドしJP
私はやらせ4着。

怪物は目黒へ
3.3倍。
勝てる気がせんね!
発走白に導かれ1000mが59.4という大暴走。
鞍上帰って下さい(泣)
案の定9着と爆着。ちなみに勝ったのはカキヂさんのサイド馬8人気

更にヤラセは続きます。
エプソムCではカキヂさん1人気に答え死んだフリ作戦で快勝。
函館記念も私のSコメをシバく強い内容。
札幌記念ではエアグルーヴで私の怪物と他Pの1、2人気をシバき、毎日王冠ではジェニュインでまたも私の怪物をハナ差だけ差しきる暴挙。
しかしマジメに勝たしたい怪物だけはカキヂさんも走らない。
…シバくのは自分の馬でやってください(泣)
どれだけKYなんですか?
アナタには「スネスポのキラーマシン」の称号を贈ります(笑)

さてこの怪物サンどうやら東京だけはやる気があるようで。コレまでハナ差2着2回暴走して爆着1回デス。
ので次走はアルゼンチンに行きます。

アルゼンチン共和国杯
カキヂさんまたもや危ない所サイド。

発走パラる。

1000mは1:00.8
まぁまぁのペース。
直線向く前に他Pが鬼脚で捲る。
残り300mでメーター0に(苦笑)
一気に差が縮まっていく。
しかもやたらといつも走らないタイキエルドラド如きがやる気ある。

あかん、負ける…負ける…負ける………ハナ差残る!!(爆)

やっと勝った~!

これでサブカ合わせ6頭漬け、1頭漬け終わり、1頭待機デス。
よーし、本日の業務終了。
ちなみにカキヂさんはこのレースを期に当たらなくなりモエタさんに変わっていきましたとさ。
結局カキヂさん一人勝ちやん(笑)

本日はこれ以上頑張る気が湧かないので勝ち終了デス。
これでメインは
?グランゾンツー
?ロード
?怪物下G2勝ち
?SWBCコメG3勝ち

サブは
?怪物下G2勝ち
?サラコメ上G2勝ち
?サラコメ下G2
?サラコメ下G1勝ち
こんな感じデスネ
まだまだ先が長いデスが頑張ります。
スポンサーサイト
  1. category: 素質馬育成

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/29

フローラS&前日のOPレース~素質馬の復帰~

いつも通り日曜日なのでスタホは休みデス。
今日はオークストライアル「フローラステークス」とここ数日にあった僕の注目馬が出走したレースをまとめてお伝えします。

フローラSはフラワーC2着のレッドアゲート
同3着のシングライクバード
白毛初のG1出走を目指すユキチャン等が人気デス。

このレースはそれまで追い込み一辺倒だったレッドアゲートが先行策から押し切る強い競馬で1着に
逃げ粘ったカレイジャスミンが2着
内から伸びたキュートエンブレムが3着
人気のユキチャンはスローの上がり勝負に泣き8着。
シングライクバードも外から懸命に脚を伸ばすも前を捉えられず5着に敗れた。
レッドアゲートは新たなスタイルで強さを見してオークスでも期待出来る内容でした。

カレイジャスミンはここ2走の凡走からの変わり身を見せましたが…本番では狙えないデスね。
キュートエンブレムは…馬体がかなり細く映ったので馬体重次第デス。

シングライクバードには期待していたのデスがここで権利が取れないと本番は出走すら厳しそうデス。

この中から本番に繋がる馬は現れるのか?

この他にも土曜日には東京と京都のメインでも好レースがありました。
土曜日東京のメインはメトロポリタンS
ここでは昨年の菊花賞で僅差の2着に入ったアルナスラインの古馬初戦でしたが…圧巻の内容デシタ!

前が大逃げをうちハイペースでレースが進む中3番手でレースを進め直線ほぼ馬なりで前を捉えると後は後続を引き離すだけというケタ違いの内容。
ディープの半弟ニュービギニング、弥生賞2着のココナッツパンチ等を物ともせずの大楽勝の結果に!

この先重賞でもあっさり勝ち負け出来るであろう強さを見せてくれました。

京都ではオーストラリアTが行われサクラ軍団の切り札サクラメガワンダーと短距離界の新星オーシャンエイプスが白熱のレースを見せてくれました。
オーシャンエイプスは昨夏手に入れたキレ味勝負で後方のインで待機策

片やサクラメガワンダーは好位の外目で横綱の競馬。
直線に向いて内からスルスルと上がってきたオーシャンエイプスと外で伸びるサクラメガワンダーの200m近くの叩き合い。
最後はハナ差オーシャンエイプスが差しきってゴールでしたがどちらもすぐに重賞戦線で通用しそうな強さを見してくれました。

3頭とも先が楽しみデス。

  1. category: 実競馬

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/27

第2回スネスポ会合IN麻雀

今日は非常~に珍しくスネスポ会メンバーがほぼ全員集まり+αも交えて飯&麻雀に行って来ました。

今回は夜という事で学生のドラクエだけがお休みで変わりにGスポットの店長「スネーク氏」(スネスポ会のスネはこのスネークから、スポはGスポットから来てます)が特別参加。

飯では…まず店側の間が悪い!
焼き肉屋に行ったんデスが…飯が無くなると肉が届き、肉が無くなると飯が届き…と肉と米が一緒に食えませんでした!
そしてダイとアニ氏が爆食いしてました(笑)

麻雀では3つのグループに分けて対局。
1、完全固定上級者4人グループ:スネーク店長、カキやん兄さん、モエタの兄貴、カキヂの旦那

2、グループA:シャック、ピヨピヨ、タケヒト、エックス

3、グループB:アキ、ダイ、サブリン、アニ

このグループ分けで1回戦

僕達のルールは…
泣きタン無し
後付け無し
焼き鳥有り
流し満貫有り
マネ満有り

多分こんな感じデス!

1局目は…僕、ピヨ君のデッドヒート

南3局でピヨ君に子ハネかまして一気にトップに!

よーし、このまま逃げきればトップや!

しかしその後の南4局オーラスで親のエックスに親っパネツモられ捲られる…(泣)

ぐぬぬ…エックス(怒)

結果1200点差の2位(泣)

まぁしゃーない!

二局目はダイ、サブリン、アニ氏と対局。

ほぼ僕の一人勝ち状態に(笑)
なんせ酷いときは僕6万点まで膨らんでいました。
ほぼダイとサブリンをカモにする形で53000点でフィニッシュ!

ヒヒヒ…楽勝やね!アニ氏のツモが悪かったのも幸いしたネ!

3回戦は…アニ氏&サブリン、スラリン君、ピヨピヨ君と対局。

今回は思った程手が伸びない。

そこでピヨ君からリーチ

しょーもない手なので降りてピヨ君の安パイをきる

そこにワナを張ってたアニ氏&サブリンに振り込む(泣)

それがチートイ、タンヤオ、ドラ3デスって(爆)

…ハネ満~(泣)

これで一気に3位に落ちスラリン君をカモり何とか限りなく低いマイナスで終了。

…アニ氏…さすがデス。
いつもモエタ氏達と打ってるだけありますm(_ _)m

その後僕はタケヒト君のサポートに回り頑張るも3位に(泣)
タケちゃん…ボコボコやったらしいデス。

結局トータルでプラスは僕とエックスとピヨ君とアキとスネーク店長とモエタ氏。
トータルマイナスはダイ、サブリン、スラリン君、タケヒト君、旦那、カキやん兄さんデシタ。

次回もプラスになるよう腕磨いときます。
  1. category: スネスポ会会合

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/26

名スプリンター急死…

またもやスタホお休みデス。
前回は故障の話題デシタが今回は死亡馬の話題デス。
まず一月程前デスが昨年のサマーチャンピオンホース、サンアディユ号が急性心不全の為亡くなりました。
前走オーシャンSで不可解な爆着後すぐに心不全となった為レース前からどこか体の異常があったのではないかと思っています。

更に昨年3歳にしてスプリンターズSを逃げ切ったアストンマーチャンがX大腸炎からの合併症の急性心不全により亡くなりました。

同馬は前走シルクロードSで大敗後、立て直しを目指す途中デシタ。

ただでさえダイワメジャーが引退しスター性の薄い今年の短距離界がこの2頭の名牝の急死で更に混迷の中に迷い込みそうデス。

とにかく、2頭の冥福を祈ります。
  1. category: 実競馬

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/24

故障馬続出

今日もスタホお休みデス。
本日はネタがないので実競馬の方に…
ここ数日現役活躍馬の故障が目立っている様デス。
まず松田国英厩舎所属の昨年の2冠馬ダイワスカーレットが前走大阪杯快勝後に脚部不安で春を全休すると発表がありました。
今年初戦では天皇賞春秋制覇を果たしたメイショウサムソン等を相手に見事な逃げ切り勝ちを収めており、次走のヴィクトリアマイルは勿論、その先に海外すら期待されていただけに残念デス。
どうやら屈腱炎の疑いがある様デス。

更にこちらも松田国英厩舎所属のフサイチホウオーも屈腱炎により引退の様デス。
この後は乗馬になるそうデス。
昨年の春は大いに期待されダービーでは1.6倍と断然の1人気に押されていました。

次に先週の皐月賞を逃げ切ったキャプテントゥーレも骨折で春を全休するそうデス。
やはり-18kgの馬体重での激走が響いたのでしょうか?

他には皐月賞に出走したダンツウィニングも骨折だそうデス。
ここ数年競走馬の故障が増えている感が否めないのは気のせいでしょうか?

特にダイワスカーレットには無事に帰って来て頂きたいデス。

本日はここまでデス。
うーん、メダルないからスタホする意欲が湧かない。
  1. category: 実競馬

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/22

皐月賞~白き逃亡者再び~

今日は夜勤なんでスタホお休みデス。
今日は牡馬クラシック第一段「皐月賞」デス。
人気どころはオープン入りから中山2000mを3連勝し勢いに乗るマイネルチャールズ。
武豊が駆るブラックシェル。
ここまでのレースが強い内容だったショウナンアルバ。
などが人気どころデス。

僕の予想は…
◎マイネルチャールズ
〇キャプテントゥーレ
▲ショウナンアルバ
△スズジュピター
△レッツゴーキリシマ
☆タケミカズチ

こんな感じデス。
レース前からブラックシェルの入れ込みが激しい様に見えました。

大歓声の中レースは始まる。
スタートを切りまずダンツウィニングが大きく立ち遅れる。
前では押してキャプテントゥーレがハナを狙う。
レッゴーキリシマもくっ付いて行く。
スプリングS勝ち馬スマイルジャック、ラジオNIKKEI以降不振が続くサブジェクト、若葉S勝ち馬ノットアローンと先団を形成し1人気のチャールズはブラックシェルと併走する形で中段の内を追走。
レインボーペガサスは後方の外に待機。

向こう場面では完全にトゥーレの単騎逃げ。
特につつきに行く馬もいなくトゥーレのマイペースでレースは進む。

1000m通過は61.4と発表も小雨が降っていた事もあり稍重に近い状態だった事を考慮してもやはり遅いタイムに。

3コーナーにさしかかった辺りで中段の人気馬が一気にポジションを押し上げにかかる。
…と3コーナー中場で早くもキャプテントゥーレがスパートをかける。
レッゴーキリシマも追い始める。
チャールズは馬群を抜け出すのに手間取っている。
4コーナーから直線に向いてキャプテントゥーレが他馬を引き離して逃げる。
後方からは内を突いてタケミカヅチと外を突いてマイネルチャールズが追い込んでくる。
更に外からはレインボーペガサスも追い込む。
レッゴーキリシマも粘っている。
しかしキャプテントゥーレにはとても届かない。
最早残り1ハロンを残し完全に安全圏。
後ろでミカヅチとチャールズの2着争いの中悠々と逃げ切り。
真昼の三日月に照らされた白き逃亡者再びデス。
2着はタケミカヅチ
3着マイネルチャールズ

こんな決着になりました。

個人的な感想デスが1着のトゥーレは全てが上手くいった感が強いデス。
馬体重-18kgも細目感は大してなく究極の仕上げだったのかも。
ペースも遅くハナを譲らず自分からスパートする川田騎手の強気な騎乗も光りました。
98年の皐月賞を逃げ切ったセイウンスカイを彷彿とさせる逃げ切りでしたネ。

2着のタケミカヅチは内に控えてマイネルチャールズを完全マーク。
仕掛けのタイミングを一歩遅らす柴田善の好騎乗が物を良いチャールズにクビ差先着

3着のマイネルチャールズは好馬体が光った。
しかしスタートでのほんの少しの立ち遅れが響き得意のパターンに持ち込めなく、更に中段のゴチャゴチャした展開にモロに巻き込まれた感がありました。
このペースなら2~3番手から抜け出す弥生賞の騎乗がしたかったデスね!

しかしあの中からから3着まで上がってきたのはさすがデシタ。
その他の馬ではスローを後方から追い込んだレインボーペガサス。
あわやの見せ場を作ったレッツゴーキリシマ辺りが目立ちました。

次週は古馬中長距離の最高峰、天皇賞春
前年の覇者メイショウサムソン
去年の3歳王者アサクサキングス
クラシックを棒に振った大器アドマイヤジュピタ等が中心になると思われます。
果たして来週春の盾を手にするのはどの馬か?
  1. category: 実競馬

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/20

マイラーズC~横典絶好調~

今日はスタホなしデス。
今日は夏のマイル王決定戦「安田記念」を目指す短距離馬達が始動戦にするマイラーズCをお伝えします。

人気どころは…
前走中山記念を先行し押し切ったカンパニー。
一昨年の2歳王者ドリームジャーニー
歳短距離では安定して成績を残すエイシンドーバー
昨年レコードで制したコンゴウリキシオーなどが人気デス。


レースはドリームジャーニーの大幅な出遅れから始めました。
戦前の予想通りコンゴウリキシオーが逃げる展開。
前走に引き続きカンパニーは先行集団に入る
エイシンドーバーは後方グループ待機。
ドリームジャーニーはスタートの出遅れが響き最高峰に。

半マイルが47.2と阪神マイルらしいタイムに。
改装した新阪神競馬場の長い直線に向いて既に手応えが怪しいリキシオーにかわりカンパニーが絶好の手応えで上がって行く。
後方からはエイシンドーバーと人気薄の牝馬ニシノマナムスメが上がって行く。
残り200mで完全にカンパニーが抜け出すがニシノマナムスメの方が一気に差を詰める。
その外からはエイシンドーバーも上がってくる。

しかしゴール前クビ差だけ抑え込んでカンパニーが1着入選。
中段後ろ目から追い込んだニシノマナムスメが2着
3着にはこちらも後ろから上がってきたエイシンドーバーが入った。

1着のカンパニーは福永から横山に乗り代わり2連勝。
先行策も板についてきた感じで7歳ながらに先が楽しみになりました。
今回も着差以上に強い競馬デシタ。

2着のニシノマナムスメは元々将来を期待された素質馬。
昨年の牝馬のレベルがやはり高い事を証明された感じデス。
大して大敗していないデスが初めての古馬、牡馬相手なんで少し人気落ちしていた様ですね。

3着のエイシンドーバーは毎回堅実に脚を伸ばして来ましたが毎度のごとくワンパンチ足りない感じでした。

明日は牡馬クラシック第一段、皐月賞デス。
オープン入りから中山2000mを3連勝し勢いに乗るマイネルチャールズ。
武豊が駆るブラックシェル。
ここまでのレースが強い内容だったショウナンアルバ。が人気の中心の様です。
果たして誰が最初の栄冠を掴むのか?
  1. category: 実競馬

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/19

■始動馬グランゾン■~グランゾン終焉の日~

2日ぶりデス。
今日はグランゾンを走らせに行ってきました。
前回はボコボコにされたグランゾンデスが今回は復活してくれると信じます。

到着するとスプリングS
絶好のタイミング。
開店後すぐなんで他Pも少ない。
急いで用意しカイロへの旅立ち。
しかしきっちり新規厩舎が赤券出走。

WBCS…3.4倍
あらら~枯れてるよ。
こりゃしんどいネ(泣)
ちなみに他Pは13.4倍

緊張と小さな期待の中レースはスタート。

発走は…黄色
他Pも黄色
同じか…まぁ黄色なら大丈夫やろ?

スタートしてすぐ後ろ目に付ける
今回は逃げ馬が多く後ろは何頭か。

600m通過が35:8
かなり遅めなペース。
残り500m辺りで一気に伸びていくグランゾン。
しかし前もしぶとく伸びる。
3番手から抜け出したガルチが先頭にたちラフィアンが必死の抵抗を見せる。
パーソナルエンスンもしぶとく伸び、大外からグランゾンが猛追する。

ほぼ横一線で入線。
…果たして。
1着ガルチ
2着ラフィアン
3着パーソナルエンスン
4着グランゾン

ハナ+ハナ+アタマ差負けました。
しかし諦める訳にもいかないので黄券使ってもう一度世界に行って来ます。

先程の他Pに続きその人のツレまで赤券出走。

WBCM…4.5倍
もうヤバいネ。
ちなみに他Pは30.0倍と38.5倍

もう何もいいません。
頑張って来て下さいm(_ _)m

発走は…青
ちなみに他Pは30.0倍が白
38.5倍が虹
…何でやねん!!
まさか負けへんよな?

好スタートをきり今日は中段前目に取り付ける。
折り合いもスムーズにつきいい感じの手応え。
ここで看板がオレンジに。
…少し期待。

半マイル通過が46:6
平均ペースでレースは進む。
残り1000mから徐々に進出を開始する。
…しかし残り600mで脚色が鈍る。
前を行くマルゼンスキーにアグネスデジタルと38.5倍の他Pが並びかけて叩き合いを演じる。
その後ろを必死に追いかけるグランゾン。
…しかし3頭との差は縮まらずむしろ後ろから来たクロフネにも差され5着。

初めてグランゾンが他P馬に負けた瞬間でした。

1着は38.5倍の新規P
2着はマルゼンスキー
3着にアグネスデジタル

完全に終わりました。
ここからは完結に行きます。

KJ&QES…5.5倍
少しでも獲得枚数上乗せを期待します。
発走は…黄色

後方3番手にじっくり控え折り合いはバッチリ

1000m通過は1:02:8
平均より少し遅めのペース
第4コーナー前からジワジワ伸びるも前も同じ速度で伸びる
結局は前にいたスラマニ、ウォーサンを捉えられずハナ差3着を死守が精一杯だった。

凱旋門…9.5倍
このレースで初めてグランゾンが他Pにオッズ負けしました。
他P2.0倍
18.6倍

発走は…緑

スタートしてすぐに控え後方5番手でゆったり構える

1000m通過は1:02.0
またもや遅い流れ
第四コーナーを回り直線に向いて伸び始めるが前を行く1人気他P、ウォーサン、バゴに届かず4着に敗れる。

香港C…10.0倍
他Pは3.6倍と67.4倍

発走は…黄
スタートしてすぐに後方2番手に付ける。

1000m通過は1:01:0
またまたスローペース。
後方を追走するも手応え悪く直線でも他馬が上がっていくのを尻目にグランゾンはいつもの切れ味はなりを潜めたまま11着に敗れた。

1着ダンスインザムード
2着ラクティ
3着一人気他P

SWBC…18.0
このレースが引退レース。
せめて3着でもいいからもう一度あの剛脚を見せて下さい。
発走は…赤
おお!まともや。

スタートして徐々に控え後方5番手からレースを進めるグランゾン。
今回はオルコックも大して逃げない。
…コレはスローペース必須が?

1000m通過は58:8
おっ、思ったより早い。

残り800mからジリジリ進出を開始するグランゾン。
直線に向き一気に前を捕らえに上がって行く。
しかしその少し前で更にイイ脚で上がっていく鹿毛の馬。
ダーレーアラビアン。
グランゾンの最後の夢をあざ笑うかのごとく他馬をちぎる。
しかし必死の抵抗を見せるグランゾン。
後ろからはバイアリー、前ではキンツェム、更に前ではオルコックと4頭がダーレーを猛追する。
残り100m、4頭ほぼ横並びの叩き合い。
しかし結局ダーレーに押し切られ、更に後ろ叩き合いの末バイアリーとキンツェムに競り負け4着に敗れる引退レースを飾る事は出来なかった。

…負けでしたか。
しかし殆どのレースで脚を伸ばし見せ場を作ってくれました。
とりあえずグランゾン、お疲れ様デシタ。
この馬には大変勉強させて頂きました。
その後引退し問題も全問正解♪

現役時には苦汁を舐めさせられたゴドルとの間に3連勝のサラコメ牝馬を作ってくれました。

この子はまだどうするか決まっていませんが…とりあえずグランゾンもいなくなったので次の馬作りに励みたいと思います。

…今日はここまでデス。
23040枚かぁ。
イベント…勝てるかなぁ?
  1. category: グランゾン

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/14

桜花賞~まさかの乱れ桜~

えー、今日は夜勤の為スタホお休みデス。
今日は牝馬クラシック第一段、桜花賞が行われました。
人気の中心は…
二歳王者トールポピー
チューリップ賞3着から巻き返しをはかるオディール
クイーンC勝ち馬リトルアマポーラ
フラワーC勝ち馬ブラックエンブレム等が人気の中心の様です。

僕の予想は…
◎ブラックエンブレム
〇ソーマジック
▲リトルアマポーラ
△レジネッタ
☆シャランジュ
こんな感じデス。
さぁ果たして満開の桜の中最初の栄冠に輝くのはどの馬か?
スタートが切られ人気の一角ブラックエンブレムが立ち遅れる。
その中好スタートをきったのはエイムアットビップ。
しかしその横を抜けデヴェロッペがハナをきります。

人気馬ではチューリップ賞勝ち馬エアパスカルが早め先行策。
オディールはちょうど中段に付ける。
その後ろにフィリーズレビュー勝ち馬マイネレーツェル、トールポピー、ソーマジック、リトルアマポーラ等が一塊の馬群で追走し、更に後方にブラックエンブレムが続きます。

半マイル通過は46.4とほぼ平均ペース。4コーナー手前から手応えよくオディールが進出を開始する。
後ろのグループもジワジワと差を縮める。
直線に向いて今度はエイムアットビップが先頭に立ちます。
内からは昨年地方から移籍してきたハートオブクイーン、真ん中からはエフティマイアが上がってくる。
残り300mをきってもまだエイムアットビップの手応えは衰えない。
しかし大外を回ってリトルアマポーラ、ソーマジック、レジネッタの3頭が追い込んでくる。
しかし残り200mをきった辺りで突如先頭を行くエイムアットビップの脚色が大きく鈍る。
先頭は変わってエフティマイアが立つが大外からは1頭鬼脚で追い込んでくる。
最後はゴール前きっちり差しきってレジネッタが1着。
2着には先行集団から脚を伸ばしたエフティマイア。
3着にも後方から脚を伸ばしたソーマジックが入った。

人気を背負った馬はリトルアマポーラ5着
トールポピー8着
ブラックエンブレム10着
オディール12着と散々な結果に終わり12人気→15人気→5人気と大波乱のレースとなった。

勝ったレジネッタは良い位置からキレのある脚を使い見事な差しきり勝ち。
小牧騎手の執念の勝利かもしれませんネ!
2着のエフティマイアはすべてが上手くいきましたが…勝ち馬の方が一枚上手だったという事でしょう。
夏以降は不振でしたが暖かさが戻り体調も上がってきた様ですが…今回は買えません。
3着のソーマジックは初の強敵相手によく頑張りました。
オークスが楽しみな1頭デス。
僅差の4着はハートオブクイーン。
こちらも夏以降不振でしたがこの大一番でらしさを取り戻しました。
5着に敗れたリトルアマポーラデスが、ローテーから見ても陣営の狙いはオークスに見えるので次に期待しましょう。
7着のエイムアットビップはやはり本質は1400m巧者なんでしょうね!
ラストの失速は酷かったデスが、見せ場たっぷりでした。
8着のトールポピーは伸びてはいるんですが…何か今ひとつでしたネ。
9着のエアパスカルはやはりハナにこだわるタイプなのでしょうか?大して早くもないペースデスが失速していきましたネ。
10着に敗れたブラックエンブレムはやはりスタートの出遅れがすべてでした。
そこまでスパッと斬れるタイプじゃないのであの位置どりでは苦しいデス。
12着のオディールはレース前からテンションが高くレース中も力が入っていて直線で既に余力がなかった様デス。

今年は珍しく乱れ桜となった桜花賞。
来週は牡馬クラシック第一段、皐月賞デス。
ラフィアンの悲願を背負うマイネルチャールズ
そのマイネルチャールズにリベンジを挑むブラックシェル
素質だけなら文句なしのNo.1、昨年のヴィクトリーを彷彿とさせるショウナンアルバ
一族の悲願G1制覇を目指すキャプテントゥーレ等が中心になると思われます。

今年の3冠挑戦の権利はいったいどの馬が手に入れるのか?
  1. category: 実競馬

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/13

みんなの冠名

今日はスタホ休みデス。
なんで今日はスネスポ会メンバーのみんな冠名の意味と個人的意見でも並べていこうかな~と思います。

まずはスネスポNo.1プレイヤー、全国ランカーカキやん君デス!
彼は旧主戦、現主戦共に「カキやん」の冠名を通して使っています。
個人的にはこの冠名使い方が沢山ありうらやましいデス。
しかしこの「カキやん」、実はカキヂの旦那のあだ名なんデス(笑)
やから始めはみんな(一部は今でも)カキやん君〓彼やと思ってたみたいデス。
そりゃスタホでしか関わりないとみんな厩舎名で呼び合うよネ!

次はネタにされてるカキヂの旦那
旦那の冠名は「パス」と「パサー」
パスの方はアメフトから来てるそうデス。
僕はかじる程度しかアメフトは知らないんでわからないんデスが…
パサーの方はエルコンドルパサーから来ているらしいデス。
これら2つは旦那の気分で使い分けてる様デス。
こちらもカッコいい名前が多く、また使いやすそうなんでうらやましいデスよ!
次はスネスポNo.2プレイヤー、アニ親分
アニ氏の冠名は「チャッピー」
これはアニ氏が飼ってるペットの犬の名前だそうデス。
見た目に反して物凄い可愛い冠名デスよネ(笑)
ほんわかした感じで実は私のお気に入りデス(笑)

次に安定感抜群のモエタの兄貴
モエタ氏の冠名は「モエタ」が基本デス。
しかしこの冠名、モエタからモエータやモエールなどと色んな変化をつけれる物凄い使い易い冠名デス。
意味的には「燃えた」とアニ氏の口癖「萌え~」をかけているそうデス。
他にもあるそうデスがプライベートが噛むのでコレは省略。

次は流行には早いアキ君
彼は「アキノ」と「アッキーナ」の2つが冠名になっています。
コレ等は牡牝で使い分けてるそうデス。
意味的にはアキノのそのまんま「アキの」デスしアッキーナの方はグラビアアイドル?のニックネームから来てるらしいデス。
私は世事に疎いので最近まで全く知りませんでしたが(苦笑)
アキノは僕の冠名と被るのデスがある意味一緒に走ってると物凄い似てて実況が面白いデス。
特に東京競馬場では直線が長いのでおもろいデス。
一文字違いの馬作ってやってみて下さい。

次にイケメン、サブリン君
彼はまんま「サブリン」が冠名デス。
コレは某テレビ局の人気番組「IQサプリ」からとったらしいデス。
ただなんでサプリンじゃなくてサブリンなのかは謎デスが…
最近はサブ自体が冠名と化しています
read more...
  1. category: スネスポ会会合

  2. comment:0
  3. 2008/04/12

■始動馬グランゾン■~惜敗続く~

今日も懲りずに行ってきました。
今日の目標はWBC勝利。
これ一つデス。
主戦場に到着するとゴールデンスパーT
一緒に行ったタケヒト君がSWBC出走予定なのでいいタイミングデス。
ゆっくりメダルを下ろして厩舎を整えながら自分の待つWBCMを待つ。
そして待つ事2時間。
やっとWBCMが回ってきました

WBCM…1.5倍
うん、予定通り♪
今んとこWBCの取りこぼしがほとんど無いから期待出来ますネ。

緊張の中レースはスタート。
発走は……黄色
うんまぁいい感じの色
しかしいきなり出遅れるグランゾン。
…嫌~な感じ。
しかもその後すぐに首を上げ行きたがる。
こりゃマズいかも…(泣)
残り1200mから中段辺りまで位置どりを押し上げる。

半マイルが46.4
まぁまぁのペース。残り700mをきった辺りでアグネスデジタル、ノボトゥルーと上がり始める。

直線に向いて一番いい脚色で上がって行くグランゾン。
3頭叩き合いの中半馬身程抜けている。
しかし残り200mでアグネスデジタルが更に伸びる。
半馬身の差がジワジワと縮まっていく。
内ではノボトゥルーが粘る。

内ノボトゥルー、中アグネスデジタル、外グランゾン。
果たして結果は…

1着アグネスデジタル
2着シャックグランゾン
3着ノボトゥルー

ハナ差差しきられた所がゴール。
うーん、遂にWBC取りこぼしたか(泣)
次走に悩む…ホンマにどうしよう…??
その後殿堂馬レース。
まともな相手はタケヒト君一人。
ウチの店にはカキやん氏、モエタ氏、スラリン君の3強がいるので普段は僕達は伏兵状態デス。
やからたまに自分が一番人気だとついつい熱くなります。
今回の舞台は…安田記念
よーし、ウチの馬短距離やから…っていうよりタケちゃんの馬が長距離馬やからこっちのが人気とれるハズ♪
トップオブアシノ1人気2.9倍
シャックオブアシノ3人気4.7倍
トータルシャシャレ2人気3.6倍
トータルモンスター4人気8.9倍
と四強状態。
期待を込めてサイド+馬単を自馬から自馬に20枚

期待の中スタートがきられる。
発走は…トップがパラる♪
ちなみシャックは白(泣)

この時点でトップの画面に固定。
ちなみにタケちゃんの発走はシャシャレが白、モンスターが赤。
脚質自在のウチの2頭は逃げ、捲り脚質のタケちゃんの馬は後方待機。
シャックがハナをきりトップが追いかける展開に。
半マイル通過は47.5。
よーし、いい感じのペース。
そして絶好の手応えで上がり始めるトップ。
シャックも必死の抵抗を見せるもアッサリ交わし先頭に立つトップ。
東京競馬場の長い直線でジワジワと差を広げていくトップ。
後ろからは何にも来ない。
タケちゃんの馬は二頭とも伸びあぐねている。

結局前に行ったシャックオブアシノにトップオブアシノが3馬身差を付けワンツーフィニッシュ。
メダル1340枚Get♪
タケちゃんの馬は3着と6着に敗れた。
久っっっっっ々の殿堂馬レース勝ち!
やっぱりたまには勝ちたいよネ♪

殿堂馬レース勝利でニコニコしてるのもつかの間、また難しい問題にさらされる。
そうや、グランゾン忘れてた…。
でも今のヘタってきたグランゾンが黄券で行って勝てる気せーへんし…海外G1からやり直そう。
そうしよう。

運良くG1勝ち馬はグランゾンのみで2週前登録して追い切りまでできる楽な状況。

KJ&QES…1.5倍
当たり前デスね。
ここはきっちり勝って来てネ。

発走は…赤
まぁ当然やね。

スタートしてすぐに後方に下げるグランゾン。
ファンタスティックライトと共に中段五番手で横並び。
馬群一塊でレースは進む。

1000m通過が1:02:9
…この競馬場は小回りなんでタイムも遅くなると思うんでこんなもんかな?

鐘の音が鳴り響く第四コーナー回った辺りでグランゾンが捲り気味に進出。
馬場の八分所を通り進出するグランゾン。
しかし外からはガリレオ、内からは馬群を縫ってファンタスティックライトが追走してくる
だがほぼ全くと言っていい程差は縮まらない。
しかし早仕掛けの影響か残り200mでグランゾンの脚が僅かに鈍る。
後ろからはグングンガリレオが差を縮める。

残り差は1馬身しかない。
コレはやられたか?
しかし残り100mでもう一度グランゾンの闘志に火が着いたのか伸び始める。
結局半馬身の差は縮まる事なくゴール。
3着にはファンタスティックライトが入った。

よし、なんとかなったネ♪

このまま次はWBCCに直行デス。

しかしそう上手くは行きません。
凱旋門手前でG1勝ち馬を所持している連闘P登場(泣)

案の定出てきましたヨ。
でも入れてるからにはいかんとしゃーないデス。

WBCC…1.5倍
まだ1.5出てくれるか。
今度こそ…。
ちなみに他Pは28.9倍。
こっちは単勝200枚位でいいかな?

期待の中レースのスタートがきられる。

発走は…緑(泣)
何でやねん(*゜▽゜ノ

ちなみに他Pは黄色あらら…相手のがいいし(泣)

レースがスタートし定位置の中段後ろ目を追走するグランゾン。
今回は出遅れもなく折り合いもスムーズに追走出来ている様子。

1000m通過は58.8とまぁまぁのラップ。
残り800mからジワジワと上がっていくグランゾン。
しかし残り500mになてもまだ突き放せない。
そうこうしてる間に内からはモンジュー、外からはファンタスティックライトが剛脚で追い込む。
抵抗すらさしてもらえず突き放されるグランゾン。

結局ファンタスティックライトにKJ&QESの借りを返される結果となった。

…悔しいデスね。
しかしここで諦める訳にはいかないのでJCに行ってきます。
ウチの連闘Pはオッズ付かない馬はJCDに逃げてくれるのでJCは単騎でした。

JC…1.6倍
…ちょっとヤバいかな
ここできっちり勝ってもWBCは2点台しか出ないでしょうが…

緊張の中発走を迎える。

発走は…赤
…頼んますm(_ _)m

少し立ち遅れたスタートから珍しく最後方からの競馬。
アンブラスモアがガンガン飛ばしそれをメイショウドトウが追走する。
人気のテイエムオペラオー、ジャングルポケットは中段待機。

1000m通過が58:9と超ハイペース。
直線に向いて馬群の間を縫うように上がって行くグランゾン。
しかし何時もより伸びが悪い。
前ではジャングルポケットとナリタトップロードが脚を伸ばす。
なかなか前を捕らえられない。

結局先に抜け出したジャングルポケットを半馬身交わせず2着に敗れる。

痒い状況が続いていますネ。
次はこのまま香港に飛びます。

香港C…1.4
良かった…まだ高額位なら大丈夫みたいデスね!
今回こそは…

発走は……緑(泣)
…ヤバそう。

スタートして今度は出遅れもなく中段待機。
香港は差し馬だらけなのでほぼ一団の展開。

1000m通過は59:8
ほぼ平均ペース。

第三コーナーでジワジワと脚を伸ばしていくグランゾン。
直線に向いて大外を突き一気に上がって行く。
残り200mで先頭に立つグランゾン。
しかし最後方から鬼脚で迫る1頭の影。
どんどんグランゾンとの差が詰まってくる。

ほぼ2頭横並びでゴール

…クビの上げ下げでなんとかグランゾンが1着に♪
2着には12番人気のテールアテール
3着には人気のトゥブーグが入った。

良かった…なんとか再びWBCの舞台に立てる権利は獲れました。

でも流石に今日このまま行こうとは思えないんで今日は止めデス。

次はいつか分かりませんが…頑張ってくれると信じます。
願わくば再びアッサリ勝ってくれる事を願います。
  1. category: グランゾン

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/11

■始動馬グランゾン■~二度目の勝利へ~

今日は懲りずにSWBC出走しに行ってきました。
相変わらず相方のタケヒト君と共に出撃デス。

主戦に着くとレース帯は目黒記念。
なんとも微妙な!
しかし他Pは無し。
特に前日WBC勝ち馬もいてなかったしこのまま行けば単騎出走濃厚デス。

他馬の状態を整えながら…と言いたかったんデスが、今日は勝ち継承が出来ない(泣)

単騎で出すとCPUに負けて2着。
その次も単騎だと爆着、他Pとガチるとソイツにパクられ爆着をずっっっっと繰り返してました(泣)
おかげでちゃーんと調教してるにも関わらず怪物中が1頭とサラコメ1頭が完全に枯れきり二頭ともG2でも8倍以上という訳わからん状況になりました(泣)
結局どちらも負け継承してその2頭を配合するとOPレースで初戦9.6倍という笑いたくなるオッズの馬に変身しました!
…厩舎が一気に衰退したわ…ヤバいかなこりゃ…(-.-)

しかし一番重要なSWBCは単騎で回って来ました。

あまりにも流れ悪いんでサテライトを変えてSWBCに出走
予想は弱気に3.0倍と予想。
これより悪いとお亡くなりデスがまだ大丈夫と信じたい。

SWBC…単騎2.7倍
よし、予定より高い!
ここを勝って自身初の一頭でSWBC2勝したいところデス。
不安と緊張の中レースがスタートする。

発走は……黄色
電車は……ナシ(泣)
よし、色つきゃヨシや!

当然のごとくハナを切る白い影。
グランゾンは後方にてダーレーと共に脚を溜める。
その後ろでは黒い影がゆったりと脚を溜める。

5馬身程はなして逃げるオルコック
1000m通過は57:8
オルコックの位置から考えると少しハイペース。
4コーナーから直線に向かう辺りで一気に上がって行くグランゾン。
そのグランゾンの動きを見てダーレーも少し遅れて進出を開始する。
前を行く馬は軒並み下がっていく…と言うより後ろから行くダーレーとグランゾンの脚色に粘りきれない。
しかし2頭が前の馬群を捕らえかけたっころで馬群の内からいきなり上がり始める1頭の馬。

3頭がほぼ同じ脚色で上がって行く。
残り200mから叩き合いの形になる。
内中外3頭並んでの叩き合い。
一旦中のグランゾンが抜け出す。
しかし外のダーレーも食らいつく。
内の馬も懸命に伸びる
3頭ほぼ横並びで入線…果たして結果は?
祈るようにリプレイを見つめる。




1着ヌレイエフ
2着ダレーアラビアン
3着グランゾン

read more...
  1. category: グランゾン

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/10

ブログ一斉更新

今日はスタホお休みデス。
なんで今日はこのブログの裏話でも…

基本的に私は物凄いめんどくさがりで3日坊主…ってか1日坊主デス(笑)
やから始めはブログ書く気は一切ありませんでした。
のでサイト設立後もアキやモエタさんにブログ欄は任せ僕は管理のみに打ち込んでいたのですが、アキを中心とするスネスポ会員からクレーム…って程じゃないけど書かなあかんやろ的な空気が漂った為仕方なしに書き始めたって感じデス(笑)

しかしA型やのにこだわり始めるとトコトンまで追求する性格なんで中途のまま一応公開ってのが許せないんデス(苦笑)
更にサイト管理や私用なんかも重なりなかなかブログを埋める時間がありません。
なんでぶっちゃけるとこのブログが一般公開された前のブログは別の日に記憶をほじくり返して書いてます(爆)

今読んでもらってるこの文も実は…5/5に書かれたものデス(苦笑)
……まぁやから何やねんって感じデスが以前のブログを公開してから長い間休止してたんで知ってる方いた時に一応言い訳デス。

一応公開後は毎日書くつもりデスので気長に見守って下さいm(_ _)m

今日はここら辺で失礼します。
明日はグランゾンの走りをお伝えできると思いますんで御注目の方、乞うご期待!
  1. category: 未分類

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/09

■始動馬グランゾン■~復活を賭けるグランゾン&スネスポSS級三頭の結果~

今日は2時間だけスタホしてきました。
もともと行く気は無かったんデスが、スネスポ会メンバータケヒト氏がSWBCに出走しに車で行くとの事なんで、一緒に連れて行って貰いました(笑)
今日の目的は…
前走SWBCで5着と敗れ巻き返しを図るシャックグランゾンのWBC出走デス。
なんとかこのWBC取って王道に返り咲いて欲しい所デスね!
さて主戦に到着すると香港C
う~ん、ナイスタイミング(b^-゜)
幸いサテもガラッガラなのでゆっくりメダル下ろしカードを挿して準備しているとカキヂの旦那登場。
どうやら現在主戦でにいるSS級三頭が一同に揃った様です。
僕と同じWBC出走目的で来たとの事なんでWBCTを旦那に譲り自分はWBCSに移る事に。
まぁもともと距離適性外の為WBCTは論外だったし、旦那のグランヴェールは長距離馬の様なので丁度良いデス。

こうして身内との談合の末、各馬が出走するレースも決まりまずは旦那のグランヴェールが出走するWBCTを迎えます。

旦那以外に3頭P出走。
グランヴェール1番人気3.4倍
他P9.6倍、12.5倍、21.8倍と微妙に一発有りそうなオッズ。
さて旦那の発走は…赤
うんまぁ良い色
しかし他Pも9.6→黄色
12.5→赤
と悪くなさ気な色。道中も上手く折り合い1000mは1:01:00とまぁまぁなペース。…しかし勝負所での手応えが悪い。
他Pが先に上がって行く中黄までしか上がらない。
…結局先に上がった4頭を捉えれず5着に終わった。

次にタケヒト君のトータルプラスのSWBCを迎えました。
さて彼のSWBCは先程のWBCTで2着の馬が赤券で出てくる以外はこれといって無さそうデス。
さてトータルプラス5.4倍、他P26.8倍で人気所は三大始祖が独占といつも通りの状態。
さぁ発走は…
トータルプラス→黄
他P→緑
バイアリー緑
とどうやら一番彼がいいようデス。
…と、スタホ電工発見!!
トータルプラスも絶好の位置どり
トンネルを過ぎスタホ電工とお別れし1000mを通過。
オルコックが画面端まで逃げタイムは57:7とSWBCの中では平均のペース。
ここでトータルプラスが位置どりを下げた…と思った瞬間一気に捲る!
直線に向いて伸びているのはただ一つ。
先頭のオルコックの抵抗も後続の追撃も無視し他馬を一気に振り切り6馬身差を付けゴール。
read more...
  1. category: グランゾン

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/08

ブログ緊急立て替え

今日は夜勤明けでカラダ重いのとクレーム入ったんでホムペ緊急建て替えに励む事になりました。

実は元々「スネスポブログ部屋」自体はただのサブページで裏にはスネスポ会の交流用の本サイト「スネークスポット」が存在します。
んでその中の企画の一つとして希望者であるモエタの兄貴やアキにブログ書く場を提供、管理し書いてもらっていたんですが…モエタの兄貴から「ポケスペのブログごっつしょぼいわ!書きたい事があんまり書かれへん」とクレームがあったんで緊急で他ブログサイトを巡る事になりました。

まず兄貴の希望する「携帯から書き込み可能」で「文字数が多め」であり「パソコンからも見れる」環境で更に「画像も貼り付け可能」のタイプのブログを検索…
慣れない作業なのでこれだけで1時間半もかかってしまいました。
その後条件に合ったブログサイトを3つ発見!
一応3つ登録するもよく分からないどれが良いのか分からないので1つ、FC2ブログを今読んでいるこのブログ用に、モエタ氏のはライブドアブログを、せっかく3つ見つけたのでアキのには00ブログを振り分ける。

今度はこの新しいブログに前のブログの記事をコピーしてまわる事に…(泣)
この時点で夜勤明け帰ってきて3時間…ハァ。
いつになったら寝れるのかなぁ(泣)

昼御飯にチキンラーメンを啜りながら次はこの新しいブログに前のブログの時の記事を移す作業。

パソコン初心者なんで物凄い苦労します。
悪戦苦闘しながらキーボードを叩き続ける。
3時間近い時間を使い何とか写し終える。

その後ようやく今度は己のブログの記事立てに入ります。

…とここでモエタの兄貴からメールが…なになに「俺のブログパソコンから見られへんやんけ!」…??
アレ?なんでやろ??

とにかく問題解決の為兄貴のブログを隅まで見てまわる。

…困った特になんにも書いてない。
一度トップページを見てみよう…。

問題発生から2時間半後…ようやくトップページにて見つけたQ&Aのページ内にて携帯専用のURLがある事が発覚!
まさかと思って確認すると…やっぱり!
ページに載せてたURLもきっちり携帯専用デシタ(苦笑)

兄貴に問題解決を伝えふと時計を見ると…17時20分。

…もうムリや。
これ以上起きてたら頭おかしなるわ。

…って事…で…今日……はこ…こまで…デス。
明日……はスタ…ホ行…くと思…い………ZZzz
  1. category: 未分類

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/07

大阪杯~ダイワスカーレット始動~

今日は夜勤の為スタホお休みデス。

今日は本日の阪神メイン「大阪杯」をお伝えします。

単勝人気は1番人気昨年の2冠馬ダイワスカーレットと安藤勝己。
二番人気は一昨年の2冠馬メイショウサムソンと武豊。
その後を菊花賞馬アサクサキングス、復活をかけるドリームパスポート、上がり馬サンライズマックスと続きます。

G1クラスの豪華メンバーが揃った今回のレース。
果たしてどんなレースになるのか?



レースがスタートしてすぐ内枠のエイシンデピュティが推して前に出る。
外からはアサクサキングスも前に。
しかし一番人気ダイワスカーレットが徐々にハナを奪う。

サンライズマックスは最後方にさげドリームパスポートは中段、メイショウサムソンは先行集団に。
結局レースはダイワスカーレットのペースで進みます。

しかし向こう場面でエイシンデピュティが執拗にダイワスカーレットに絡んでいく。
しかしダイワスカーレットも譲らない。
結局エイシンデピュティは散々絡んだ挙げ句二番手に控える
1000mが59.6
平均的なペースで1000mを通過する。
第3コーナーから第四コーナーにさしかかって徐々にペースを上げるダイワスカーレット。
ここで3番手と4番手に控えていたアサクサキングスとメイショウサムソンの二頭が徐々に進出を開始する。
特にメイショウサムソンは絶好の手応えで上がってくる。
後方集団は少し苦しい脚色

先頭集団ほぼ一段で直線に向いてダイワスカーレットが先頭。
半馬身後ろにはエイシンデピュティとアサクサキングスが続く。
内を付いてブライトトゥモローとドリームパスポートが割ってくる
メイショウサムソンは伸びない。

しかしダイワスカーレットに鞭が入ると一気に他馬引き離して行く。



結局ダイワスカーレットが先頭でゴールIN
勝ちタイムは1:58.72着には粘ったエイシンデピュティ。
3着はアサクサキングス
4、5着は中段から脚を伸ばしたドリームパスポートとブライトトゥモローが入り人気メイショウサムソンは6着、サンライズマックスは10着に敗れた。


レース後の感想デス。
ダイワスカーレットはやはり強かったデスね。
向こう場面ではエイシンデピュティに、3コーナー前ではアサクサキングスにも絡まれたにも関わらずマイペースを貫ける辺りに去年からの成長を感じました。
この後はヴィクトリアマイルに進む様デスが次走に向け楽しみな結果になりました。
read more...
  1. category: 実競馬

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/06

■始動馬グランゾン■~初の四冠制覇!~

今日は久しぶりに夜勤明け15時間スタホしてきました。(アレ?この書き出しどっかでみた気が…)

まず現在の状況
メイン
1、グランゾン
2、初戦弥生2.8勝ち全漬け
3、条件戦全戦怪物コメ
4、条件戦ズタボロのSWBCコメ

サブ
1、怪物3歳初戦3.4倍ラスト優駿牝馬勝ち全漬け
2、サラコメラストG1二着
3、SWBCコメラストG2勝ち80継承予定

こんな状態デス。
とりあえず一緒にいたダイが暇そう(メダルがない)なのでサブカとメダルを与え3と初代を作り勝たしてもらう事に。
その間僕はメインの3と4を勝たしに弥生とスプリングに出撃。
3は弥生で5.8とステキにランクダウンをかますも(親はサラコメでした)キッチリ勝ち上がり。
4はスプリングで3.4とギリギリ怪物と呼べるか呼べないかランクの怪物と発覚。
このレース2着後皐月予定もカキヂの旦那の始動馬パスグランヴェールを優先し回避するも漬けを開始した3と間違えてWBCMに入厩(泣)
仕方ないので宝塚に行き3着後神戸新聞杯勝たして漬けました。
その後ダイからサブカ回収しメインの仕事終わったのでサブをやろうかと考えましたが、サブも漬けばかりと退屈な状況なので一緒にいてこれまた暇そうなアキのカードをぶんどりプレイ♪

まず彼のやたら走らないSWBCコメ馬を即引退ココットと配合
SWBCコメスライド。
初戦アルゼンチン共和国杯7.0倍

まぁまぁやね。
スライドやけど中身ちょっと上がってるみたい

発走は……パラる♪
いいよ!いい!

逃げ馬になり好スタートからあっさりハナを切る。
1000m通過が1:02.9と結構スロー。
案の定直線向いて先頭からグングン伸びる。
残り200mで勝ちを確信。
結局そのままゴール
うんいいね!

次に空き枠に作ったクロフネ再現初代でいきなり福島記念を勝つ。

上の2頭を配合すると頭突き→監視→併走となかなか良さげな演出。
しかし条件戦初戦に5馬身コメ?
怪物否定もサラコメはでたので安心しました。

初戦シュミレース5.2倍
おお、サラコメや!
アキのカード現在最強馬がコイツ
しかも発走パラる(笑)
画面端まで逃げて1000m通過が59.9なら逃げ切らな怒るわ!
こうしてあっさり勝ち上がり漬けに入ります。
その間に再び初代作るもやはりそう簡単には勝てない様デスね(苦笑)
そうこうしてる内にWBCTに単騎出走のチャンスが!

ここを勝てば僕の持ち馬で初のWBC完全制覇達成となります。
身内との談合も誰も出ないとの事。

周りにもG1勝ちいてないのでここで出走する事にします。
香港Cでアキにカードを返却し自分のをIN
結局ラストの初代は勝たせれませんデシタ(泣)

そして有馬も無事ションボリクリスエスがちぎり単騎確定のWBCTになります。
しかし旦那何を思ってか二代目部門の馬「パスインザパス」を間違えて登録。

僕も登録していた為回避不可に…

WBCT1.6倍
予定通りの1.6デスネ!
旦那の方はいくら怪物デモ赤券なんで21.6と素敵なオッズ。
しかしこんなオッズに何回もシバかれてるからわからない!頼むから身内にシバかれて枯れるとか前代未聞な事だけは勘弁して下さいm(_ _)m
不安と期待の入り混じるなか極東のゲートが開く

発走はパラる。
旦那は青。
色は良いけどパラと青は最悪の組み合わせ。
その組み合わせで4回はWBCパクられてるからな~(泣)

道中は後方に位置するグランゾンとパスインザパス。

折り合いも付きお互いいつでも上がれる手応え。
人気所はこぞって前に。
いい感じにペースが上がっていく。
風車の色は…白♪
アレが変わると荒れる気しかせん(苦笑)

1000m通過が1:00.5と結構早いペース。
極東の難所「ブリーダーズブリッジ」も難なく通過しここでグランゾンがジワジワ上がる。
残り550mで既に黄色。
そして残り400mで一気にパラる!
他馬の存在など無いものの様に大外から他馬をちぎるグランゾン。
残り200mで勝利を決定付ける5馬身差。
結局後続を6馬身ちぎってWBC4冠達成!!
ホント助かりました。

ちなみに旦那の馬は馬群に沈み爆着。

これで次はSWBCになりました。

その後黙々とサブカードで漬けに励む。
そして閉店間際に(24時閉店の23時50分)なるも出走不可にならない?
ひょっとしてSWBC出せるカナ?
今んとこ他Pは1頭。
WBCTで他Pの様子を伺うも出てこれる可能性のあった馬WBCTで失速。
こうして単騎SWBCを迎えました。
後で聞くと店長が出走登録不可を解除しといてくれたそうデス。

SWBC2.1倍
やっぱり跳ねましたね~!
ただ僕は2.3位と読んでたんで嬉しい誤算デス。
後ろにスネスポ上位ランカー(カキやん兄さん、カキヂの旦那、モエタの兄貴、アキ、アニ親分)が見守るなかレースは幕を開ける。

発走は……パラる(驚)
Trainは…無し。
色は最高デスね!

今回は好位後ろ目位でダーレーと併走するグランゾン。
オルコックはかなりの大逃げを打ちゴドルは2番手を追走デス。
例によってバイアリーは殿から

1000m通過が57.9と平均ペースでレースは進む。
と残り800mでジワジワと伸び始めるグランゾン。
しかし横では更に良い手応えでダーレーが伸び始める。
残り500mでグランゾンも遅れて仕掛けるも前を行くオルコック、ゴドルも粘り後ろからはバイアリーが異次元級の末脚で迫る。

結局早めに仕掛けたダーレーがバイアリーの鬼脚を半馬身押さえ込みフィニッシュ。
3着は逃げたオルコック、4着が粘ったゴドル、グランゾンは掲示板確保がやっとの5着に敗れた。
うーん、負けたか~。
しかしまだWBCの黄券を残してあるので次走は適距離のWBCに挑戦します。

…と今日はここまで。
やはり夜勤明け15時間スタホなんかやるもんじゃないデス。
死にそうデスもん(笑)

次回安定してWBCは好走を続けるグランゾンデスからあっさり行ってくれる事を期待します。
  1. category: グランゾン

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/05

スネスポメンバーの出逢い。

今日もスタホお休み…てか最近なかなかスタホに行けないデス。
今日はタイトル通りスネスポメンバーの出逢いについて書いていきたいと思います。

まずスネスポ会は元々3つのグループの集まりで出来ています。
1つはモエタの兄貴、カキヂの旦那、カキやん兄さん、アニ組長からなるグループ。
もう1つは私、アキ、ダイ、サブリン、エックスのグループ。
この2つのグループは地元が近く、元々私達のグループがプレイしていた主戦にスタホ引退していたモエタ氏達が偶然来てモエタ氏の気まぐれで始めたのから始まりました。

その間まだモエタ氏のグループは、ラリー制覇を目標とし素質馬育成をしていたのは私一人という悲しい現状デシタ。
しかしその途中モエタ氏が大した事ない馬+ダイイチルビーという素敵な配合で怪物を引き当てそれがいつの間にか現役トップになっていました。
…私がモエタ氏達を意識し始めたのはこの日からデス。

その後以前のバイトの夜勤中にモエタ氏達が突然店に来店され
私「アレ?R-1でスタホしてはる…モエタさん?とパス(カキヂ)さん?」
モ「おぉ、自分ここで働いてんねんや」
カ「いーや、意外な発見やわ。」

…こんな感じの初遭遇デシタ。
そこから徐々に交流を深めていって現在の状況に行き着きます。

…しかし実はモエタ氏達はRー1でスタホ復帰してすぐぐらいに走っていた僕の始動馬(初戦弥生2、」4)を見ていたらしくなにやらマークされていたらしく、さらにその始動馬があまりにも走らないので最後に暴走して出したWBCTを勝った時の顔まで覚えられていたみたいデス。
モエタ氏曰く「あん時のお前の顔はホンマにインパクト強かった」らしく常に話のネタにされます(泣)
いい加減に忘れてください!!

更に僕は偶然と思っていたモエタ氏&カキヂ氏のバイト先来店も実は僕が働いてるのを知っててホンマにいてるんか見にいこか的なノリで決まったらしいデス。
ちなみにその情報の発信源はカキやん氏らしいデス。

うーん…注目されてたのかな?
まぁあの当時、まともに怪物持ってるの僕だけでしたからね…(苦笑)


その後メダルレート等の問題の為、現在の主戦「スネスポ」に移って初めにコンタクトをとってきたのがスラリン君デス。

スネスポ移籍後、すぐにそのメダルレートの安さを利用しガリ&漬けを駆使し素質馬育成に励むモエタ氏一団。
周りも当時大してレベルの高いプレーヤーもいず、モエタ氏達の行動の意味を理解していない人達ばっかりだった中、唯一その意味を理解していたのがスラリン君でした。

当時のスラリン君は10万枚強というありあまるメダルを武器に、只1人スネスポでガリを駆使し素質馬(当時は怪物下程度)を作って走らせるスタイルでした。
なのでいきなり来て新規でガリをするモエタ氏達はすぐにマークしたそうデス。

その後モエタ氏やカキやん氏の馬が徐々に始動を始める中それと同時に始動し、見事に巻き込まれる形で素質馬を破壊されたのをきっかけになったそうデス。

そして彼等との交流の為スラリン君が白羽の矢を立てたのが…当時交通事故によりスネスポ移籍が遅れていた私とアキでした(笑)
当時スネスポはスタホの人気が異常に良く、土日祝の朝は開店1時間前に並ばないとスタホ出来ないぐらいでした。

そして偶然朝30分前に店に着くとそこにはスラリン君の姿が…
僕達も当時のスネスポでは数少ないできるプレーヤーだったのでスラリン君はマークしてました。
初めは僕とアキの2人がわいわい喋っていた中そこまで黙っていたスラリン君が
ス「あのー、ガリして勝った後ってやっぱり漬けた方がいいんですか?」
私「……」
私「うーん、僕達は着恩恵重視する方なんでガリでも勝ったら漬けますねぇ。」

あの時は正直ビビリました。
それまで話した事のない人にいきなり話ぶった斬られた上の質問。

ただそれをきっかけにスラリン君と話すようになり、その友人のタケヒト君と話すようになりました。

最後に一時期スタホから遠のいていたピヨピヨ君&ドラクエ君が久しぶりに主戦に着た時に、スラリン君からの紹介?的な感じで話す様になりました。

こんな感じに現状のスネスポ会ができあがりました。
これから新たなメンバーが増えるのか、はたまたこのままなのかはわかりませんがみんながスタホに飽きない限りこのグループも続いていくと思います。


  1. category: スネスポ会会合

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/04

スネスポ会メンバー紹介

え~今日もスタホは休みデス。
んな訳で今回は我が主戦内でいつの間にか出来た素質馬育成集団「スネスポ会」のメンバーを紹介します。

では早速…

まずは多分ウチの主戦で1番の有名人。
スタホ全国ランカー

☆カキやん兄さん☆

勝ち継承を繰り返し未出走スタイル以上の化け物を量産する怪物P。
約半年強で3万枚越え4頭ととてつもない化け物っぷり。
更には厩舎の海外花丸パワーにより海外勝率異様に高し。
オマケに有り得ない配合で怪中コメなどと数々の鬼引きも見せるウルトラプレーヤー。
私にとっては雲の上の存在デス(笑)
代表馬は「カキヤンサンプル」、「マハラジャカキヤン」、「カキヤンサイバスター」、「カキヤンダンス」


続いてはスネスポ会の良心。
実は凄腕ブリーダー。
デモ成績的には後ワンパンチ足りない

☆カキヂの旦那☆

とにかく素質馬育成。
特に怪物作成でこの人に勝る人はウチの店にはいてないかと…
そしてさり気にスネスポ会で一番強烈な素質馬(3歳1権3.8倍)を持っていた強者。
…実はモノのサイズも超一流。
自ら「ソクラテス」と命名し使い込んでいる…らしい(笑)
代表馬は「ヘイルメリーパサー」、「パスラッシュ」


お次はこちらはライドの全国ランカー。
知識だけなら誰にも負けない。
自称メダル吸引機

☆モエタの兄貴☆

前主戦場から合わせ万枚馬15頭を数える素晴らしい実績を持つが現在は前主戦最高の35000枚の壁を越えれずもがいている。
実は私と並んで1.4倍で11着など不名誉な記録のデパートでもある。
代表馬は「モエタヴァルシオーネ」、「モエタファイナル」


続いては…隠れた強者、その気になれば1日未出走のみ…それを連日続けるという過酷な行為も石になってやり遂げる。見た目はどうみてもその道の方。

スネスポNo.2プレイヤー
☆アニ組長☆

スネスポ殿堂No.2馬「キングオブチャッピー」を輩出した強者。
しかし最近はどうも伸び悩んでいる様子。
実はかなりの愛犬家らしい。
代表馬は「キングオブチャッピー」


続いては…素質馬が走らない事においては右に出るもの無し。
SSで5000枚、始動最高18000枚と素質馬育成スタイルとは思えない成績を継続中。
即行動、即キレ、即就寝を地で行く適当人物
☆管理人シャック☆…私デス

プレイスタイルだけなら上の方々と変わらない事をしているのになぜか馬が走らない…ある意味凄腕デス。
ホント馬走らんのには定評があります。
そして不名誉な記録を作るのにも定評があります。
モエタ氏がデパートなら僕は百貨店デスネ!
代表馬は「シャックグランゾン」
read more...
  1. category: スネスポ会会合

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/03

■始動馬グランゾン■~グランゾン、世界を制す!~

今日はスタホしてきました。
今日の目的はグランゾンのWBCM出走、そしてタケヒト君のWBCS出走デス。

主戦到着時のレース帯は…フェブラリーS
うーん、絶好のタイミングデス。

まったり準備しながらまずはタケヒト君の出るWBCS
発走黄色ながらもあっさり勝つ。

幸先の良いスタートになりました。

…と、此処でややこしいプレーヤー「空」登場
今回は絶対に落としてはいけないタイミングなんで、偶然その場に居た空の友人に出走確認を取るもどうやら彼はWBCMには出ないとの事。
安心していると今度はややこしいプレーヤーその2、3「素質馬育成一家」登場。

此処まできたら譲れません。
プライドなど全て捨て、仲の良い一家の長男に出走回避を依頼しに行く。

なんと4人いて誰もWBCMには出ないと確認をとれました。
しかし1人小学校低学年の子がいてるので、少し不安でした。
その後安田記念に出走したその子の馬が勝利。

嫌~な予感てなんでこんな当たるんでしょうね?
その子、止めに入った兄の言葉を無視しWBCM出走。

私ももう出走登録していた為回避不可なんで覚悟を決め周りを見ると……
アレ??出ないと言っていた筈の一家の1人(上の子のお母さん)が二権持ち怪物と黄券SWBCコメ馬の二頭出し??
しかも初めに確認取った空君、此方をジィーーーっと見つめながら出走登録……

コイツ等…なめてます??
確かにWBCは権利さえあれば出れますし、出走は個人の自由デスがわざわざこっちが確認取りに行って、しかも其方が出るなら回避しますとま言って「出ません」言うてから出てくるとかどうなんですか?

特に空!
後の2人は一切会話した事無かったんで正直出てこられる可能性も考慮に入れてましたがお前は喋った事もあるし間接的ではありますが、直接回避する言うたのに……

私のこめかみがピクピクなってる中WBCMのオッズが表示される…。

WBCM…2,0倍
(他P小学生18,4、母親9,4、28,7、空22,4)
あらら~、酷いオッズ(泣)
まぁ連闘小学生以外には負けんやろ?

まだ怒りの収まらぬ中レースはスタート。
発走は……黄色
(他Pは小学生は赤、母怪物は青、SWBCコメは緑、空は白)
うーん、今一番調子の良い小学生に色負け…ヤバいかも…

レースはルゼンスキーの単騎逃げで進む。
母のSコメ馬とエルコンドルパサー、タイキシャトルと続く
母の怪物と連闘馬は中段のインに控える。
空のまくり馬は後方3番手
肝心のグランゾンはと言うと…あらら、最後方2番手
まくりより後ろってなんか嫌やわ~。

半マイル45,8とダートとは思えぬハイペ-ス。
…とここで空の馬が上がる!
連れて私が立ち上がりおもむろに空に近寄る(爆)………つもりが空の馬緊急停止。
そし満を持してグランゾンが上がり始める。

親子の馬はハイペースに脚を使い果たしたのか失速していく。
前を行っていた人気馬達もこぞって自らの作り出したハイペースに沈んでいく。

結局残り300mで先頭に立ったグランゾンが他馬をちぎりゴール。
この瞬間にようやくグランゾンが走る馬である事を確信しました。

そして4着に破れた母からは物凄い睨まれました。
謝られる覚えはあっても睨まれる覚えは無い筈ですが?
正直文句言ってやろうかとも思いましたが、仲の良い長男や長男のお母さんの顔をたてて我慢しました(苦笑)
空の方は気まずそうに帰って行きました。
オイオイ、帰る前に一言なんかないんかい?(怒)

まぁそんなこんなでようやく一万枚突破デス。
更ウィニングラリーもSWBCで制覇という偉業のオマケまで付いてきました。

今日はこの後続けてSWBCに出走予定デス。
まぁこのクールは別のプレーヤーに譲るんで次のクールまで待ちデスね!

そして訪れた1回目のSWBC
他Pは着外でした。

その間僕のBETは絶好調。
万枚JPを含む怒濤のSJP13回。
手持ちが15000枚程になったところでいよいよ来ました。
今回は「1クール間来客0なんで何の心配もなくSWBCに登録します。

SWBC…3,3倍
こんなもんか~。
少しオッズの伸びが悪い気がしますがとにかく今はオッズより結果。
3度目の正直実ってください。
壮大なファンファーレの中ゲートインも終わり、レースはスタート。

発走は…………パラる♪
電車は…………無い…
SWBCこれまでパラって三着以内一回もないから不安やけど…
レースは相変わらずオルコックの大逃げでスタート。
シーバードが出遅れるがそれ以外目立ったミス無くレースは進む。
宿敵ゴドルは3番手、ダーレーは後方6番手、バイアリー例によって最後方追走。
グランゾンは後方4番手からレースを進める。

1000m通過は56,1…むっちゃ早いやん
オルコック大して大逃げしてないのに…。
案の定最大の宿敵ゴドルフィンバルブはオルコックと共に早々とリタイア。

残り800mでグランゾンとダーレーが一気に伸びる。
バイアリーは動く気配がない。

これはイイ感じ。
どう見ても2頭のマッチレース。
しかもグランゾンの方が若干脚色が良い。

長い叩き合いの中残り200mでグランゾンがダーレーを交わし先頭に立つ。
ダーレーも激しく抵抗するが徐々にその差は開いてゆく。

そして完全にダーレーを振り切ったところがゴ-ル

グランゾンが、そして私自身が待ち望んだSWBCの栄光を遂に手にしました!!!
それもラリー完全制覇のオマケ付きデス。

…ようやくSWBC勝てました。
正直ここでグランゾン引退でもいいやってくらい嬉しかったデス。

しかしグランゾンにはまだまだ頑張って貰わねば。
本日は此処までデスが、次走はWBCTでWBC完全制覇を狙いに行きます。
次走は距離適正外デスが本格化した今のグランゾンなら乗り越えてくれる筈デス。

  1. category: グランゾン

  2. comment:0
  3. trackback:0
  4. 2008/04/02
copyright (c) シャック@SEVENのB級ブログ all rights reserved.

click時計「sea」

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

バロメーター

ブログの更新率

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

管理者メニュー

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

登録ツールズ+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。